sannjipapa34tomuzouのブログ

AFPによる3児父_双子父_多胎児家庭の生活情報発信

3児(双子父:Tomuzouトムゾウ)による『妊娠に関わる医療保険』について

どうもファイナンシャルプランナーのTomuzouです。

 

今回は下記ブログで記載したように

『妊娠に関わる医療保険』

について記載したいと思います。

・以前のブログ

 

医療費の備えについては原則として

    《公的保障 + 貯蓄》

で賄うのがベターな考えです。

そのため過分な医療保険加入は不必要ですが

妊娠を望まれている方については医療保険の

加入検討はしておいた方が良いと思いますので

記載したいと思います。

検討した上で不要と判断するのと、入ろうと思った

時に入れないで後悔するのとでは意味が異なります

のでご確認ください。

《我が家の実例》

●保険見直し前の大手アカウント型保険でしたが

この時は保険の有り難みを再認識出来ました。

『詳細』

妻:風邪も引かない健康体・元気が取り柄

長男出産時:悪阻と切迫早産で4ヶ月程度入院

分娩:自然分娩

2年後

双子娘出産時:悪阻と切迫早産で半年以上入院

分娩:自然分娩(出産直前までは帝王切開が濃厚)

『保険金』

双子出産時は上限額まで受給出来ました。

『無駄遣い』

妻がいない間に旦那は家で1人。

もしくは息子と2人。

手軽に弁当等で済ましたり日用品も吟味せず

適当に購入。お菓子等も気にせず購入。

その為、普段より費用がかさみ、この無駄遣いが

ボディブローのように後からじわじわと効いてきます。

 

《妊娠時の医療保険について》

●健康保険

『通常の出産関連費用』 → 対象外

出産育児一時金は¥42万円支給されます。

     (参加医療補償制度加入機関の場合)

『帝王切開による分娩』 → 対象

●医療保険

『出産前の検診費用』    → 対象外

『自然分娩の出産費用』 → 対象外

※通常出産は病気ではないためです。

『帝王切開による分娩』 → 対象

『妊娠にまつわる病気』 → 対象

 

《妊娠中保険加入タイミング》

●ベストタイミング:妊活前に加入

●ベタータイミング:妊娠初期

●リミットタイミング:一般的に妊娠28週目迄

妊娠~27週目以内の場合にも新規加入出来ますが

条件が付く契約になる可能性が高いです。

主に2つあり

   1.子宮部位に関わる疾病の不担保

   2.出産に関わる疾病の不担保

一般的に28週目以降は加入出来ない事が多いです。

 

《出産後の保険加入タイミング》

●1人目妊娠時に保険未加入で帝王切開等をされて

いる方は2人目に備えて保険に加入しようとしても

過去5年以内に手術経験ありとなり、帝王切開

等を除く条件での加入となる可能性がございます。

一例ですので、詳細は保険会社に相談をされる事を

お勧めします。

 

結論としては、医療保険未加入の場合

初産で異常分娩を経験すると、2人目以降も条件が

付いてしまう可能性が高いため、制度を知った上で

加入するか、しないかを考えて頂けたらとら思います。

※異常分娩の一つである帝王切開ですが統計的に

日本人の6人に1人が受けられているというデータも

あります。

不安な点等はお近くのファイナンシャルプランナーへ

気楽に相談ください^_^