sannjipapa34tomuzouのブログ

AFPによる3児父_双子父_多胎児家庭の生活情報発信

3児(双子父:Tomuzouトムゾウ)による《チャイルドシート購入補助等》について

どうもファイナンシャルプランナーのTomuzouです。

 

今回は子供が産まれると必要になるチャイルドシートについて記載したいと思います。

我が家では自治体の制度について無知だったため

一切助成制度を調べずに購入してしまいもったい

ない事をしてしまいました。

 

様々な助成制度・無料レンタルがありますので

自身の自治体の制度を調べてみることをお勧めし

ます。

 

《チャイルドシートの種類・対象》

●ベビーシート 

   新生児~1歳頃まで

●チャイルドシート

   1歳~4歳頃まで

●ジュニアシート

   4歳~

※6歳に達しても通常のシートベルトは140cmからを

対象としており、満たない場合は、ジュニアシート

を活用し子供の安全に気を配ってください。

《チャイルドシートの固定方法》

●ISOFIX方式

   正確な取り付けが容易だか、対応車種確認必要

●ベルト固定方式

   どの車種でも使用可能

《チャイルドシートの使用義務》

●6歳未満の幼児を対象

●使用義務違反 1点 罰金無し

●使用免除対象事項あり

《自治体による助成制度活用》

●チャイルドシートの無償貸出

●チャイルドシート購入補助金給付

●制度なしもあります。

《交通安全協会による貸出》

全国にある交通安全協会にて無料貸出を実施している

ところもございます。

孫の帰省等で常時必要ではない家庭の方は一度

ご確認してはどうでしょうか^_^

レンタカーやショップで借りると出費もかさみます

ので無料レンタル出来る交通安全協会は大きな

メリットとなります。

※交通安全協会への加入が必須となります。  

   ¥300~700 × 更新年月 地域により異なります。

※レンタル有償の地域もあるようです。

※返却時の清掃費用が必要となる事もございます。

 

《まとめ》

●常に必要な方

自治体の制度を活用して安く購入出来るかチェック

しましょう。

●孫の帰省時等、たまに必要な方

交通安全協会の無料レンタル等のチェックをしま

しょう。

 

子供の安全を確保しつつ、使える制度は全て活用し

無駄を省きましょう^_^