双子パパFPトムゾー!

双子パパFPトムゾーによる身近な役立つ情報発信

2020年度ふるさと納税滑り込み~!!

どうもファイナンシャルプランナーのTomuzouです(^^)

 

2020年『ふるさと納税』の申請を実施しました。

 

購入サイトに関しては数ある中で

 私は『楽天ふるさと納税』を選択しました。

 

私の場合は、ワンストップ特例は利用出来ません。

→副業の個人事業主で青色申告を実施しており

 確定申告の際に寄附金控除として申請するため。

 

《購入内容》

 ●対象自治体数:6

 ●購入金額:¥61,000(実質負担¥2,000)

  →試算上は¥70,000弱いけそうでしたが

   足が出たら怖いので打ちやめに、、

  →住宅取得控除も含めて試算

 ●支払い方法:クレジットカード

 ●獲得ポイント:3,965ポイント

 ●購入商品(返礼品)『実質¥2,000』

   ・国産鶏もも肉 4kg 

   ・国産和牛 2kg

   ・国産ハンバーグ 20個

   ・国産帆立貝柱 1.5kg

   ・国産鰻(刻み) 10袋(600g)

   ・国産干し芋 900g

 ●ポイントとの合算を考えると

   入手¥3,965-実質¥2,000=¥1,965プラス

 

ふるさと納税に関してはしない手はないと

考えています。

分からないからしないではなく、調べて

自身にメリットがあると判断したならば

まずはやってみる事をお勧めします。

失敗だったとしても、現物は入手できます

し勉強代と割り切る事も大事かなと(^^)

 

ちなみに、地元の自治体にふるさと納税を

すると返礼品を受け取れませんのでお気を

つけください。

地元自治体の税収が落ち込む事に関しては

地方交付税で75%還元補填されていると

いう実態もあるようです。

↑地元民としては自身の暮らしに直結する

 税収であり、25%減は将来的に自分たち

 の生活に影響が出る恐れもあるなとは

 考えています。

 他の自治体の方から選ばれる魅力的な

 返礼品を提示できればいいだけの話では

 ありますが、これぞという返礼品がない

 のも事実で、こういった自治体が多いの

 ではないでしょうか。

 

地元の税収が落ち込まず、私たちもメリットの

ある制度となればいいなと感じています。