sannjipapa34tomuzouのブログ

兼業FPトムゾウによるお金にまつわるetc(^^)

3児(双子父:Tomuzouトムゾウ)による長男の幼稚園PTA活動<次期会長選定の難しさについて>

どうもファイナンシャルプランナーのTomuzouです。

 

2019.10.14 追加

ニュースでPTA活動を取りやめている地域が増えている

事の特集が組まれておりました。 

会社ではある程度同じ方向を向いた人間で打合せを行う

ため、まったく異なる方向性に話が着地することはほぼ

ないといっていいと思います。またある程度思考レベルが

似通っており意見の集約は簡単ですが、PTAは年齢・性別

考え方等が全く異なっている人の集まりであり意見の取り

まとめに非常に苦労するのが現実です。

また、会社の場合はプライベートと切り離して仕事モードで

押し進められますが、PTAは同じ地域で今後も顔を合わせる

地元の人ばかりのため、なかなか強硬に進める事も出来ず。

「あちらを立てればこちらが立たず」が現実に発生している

ため、なり手がいない要因になっていると考えております。

特に会社で会議をバリバリこなしている方が、会社と同じように

合理的・効率を求めて会議を進めてもうまくいきません。

 

*******************

 

今回は次期PTA会長等の役員の選定方法に

ついて触れたいと思います。

少子化で次期役員の選定が出来ず、泣く泣く

2期連続という話も耳にしますので、下記こん

な課題がありますよっていうのを列挙するので

選考時の一助になれば幸いです。

時代に即した不公平感のない選定が出来ること

を願い記載させて頂きます。

 

あくまでも私が通っていた園だけの特殊な事例

の場合もらあるため、こういう所もあるんだと

参考程度にご確認ください^_^

 

私が会長をしていた幼稚園では会長は男性が

実施するものとして決められておりました。

基本的に園に通わせているお父さん方の有志

にて遊具の塗装等のボランティアをしている

会が作られているのですが、その中から声かけ

を実施して次の会長を選定するスタイルでした。

かくゆう私もそのボランティアの集まりに参加

しており、先輩に声かけされ断れずに引き受け

ざるを得なかった状態でした。

 

引き受けた以上子供達のために頑張らないと

という思いが強くなり、仕事との両立もやって

やれないことはないなと感じました。

 

そんな中、次期会長を決める時期が来て、中々

決定できず、非常に難航したことを今でも

鮮明に覚えております。

 

私が会長をしていた幼稚園では、少子化の

影響と同一地域に出来たこども園の増加で

園児が分散して1クラスの人数が10人強と

少なくなってきています。

また上の子供の小学校の役員を受け持っており

下の子供の幼稚園では兼任が困難というケース

も課題として存在します。

 

《今後難航が予想される要因》

●クラス児童数の減少 少子化

    1度役員を経験している免除対象者にも協力

    を求める必要が出てくる。

    (これまでは兄弟含め1度クラス役員等を経験

    すると、選定対象外となっていた。)

●お父さんのボランティア会の参加減少

    児童の減少及び周囲にその会に入ると会長に

    ならなければならないと認識されだし参加者

    が減少しだした。

    悪循環となり、少ないパイの中から、声かけ

    しなくてはならない。

    地方色が強く、地元の先輩が直後輩に声かけ

    してバトンを繋いでいる現状。

●園側はPTAについては口出しできないと言わ

  れるが、選定について、〇〇さんはボランテ

 ィアにも参加されており、どんな方なのか、

 人となりが分かるので、〇〇さんなら大丈夫

 とか〇〇さんは〇〇なので困難と言ったよう

 に、結局選定に口を挟んでくるのが現状。

  また、立候補制度も同様に園側からは歓迎さ

  れていない。

  この理由として、立候補される方はやる気が  

  高く改革等に積極的で、空回りする事も多く

  園長の意見と度々対立し運営がままならなく

  なる事も背景にあったよう。

  ※園によっては選定に協力してくれる園もある

    ようですが、私の園ではPTA役員で次の代を

    見つける方式でした。

●忙しいから等の理由でボランティアやイベン 

  トにも参加せず、活動に出てこない父親は

  声かけ出来ないからという理由で選定対象に

  含まれない。同じ園に通わせる親であり機会

  は均等に与えられなければならないのに仕事

  を理由に対象外となるのは非常に不公平な状

  態だと思う。

  代々の会長が暇だから引き受けたと思われる

  のは悲しい事実。時間を捻出して子供達の為

  にと頑張って引き受けており、次代の声かけ

  時に仕事で忙しいからと断るのは少し違うか 

  なと経験して思うようになった。

  家庭の都合はどの家庭にもあり、やろうと思

  えば物理的に出来ないことはないと経験した

  からこそいいたい。

●なぜ男性のみ。女性会長ではダメなのか?

   同一地区他園は女性会長を採用。

   まず男性のみから選択されていた場合

   総会で女性からも選択される事の周知・承認

   が必要となる。自身の任期は基本1年で制度

   変更等、波風を立てたくない人が大半のため

   結局制度が変わらない。

●なぜか声かけ(現行制度)にこだわる人が多い。

   時代が変わり、児童も減った中で、誰も

   引き受けてくれないにも関わらず、ずっと

   声かけだけにこだわっている。

   第二第三の矢を考えて行動しなければ、物事

   を進められないにも関わらず旧態依然の方法

   から離れられない人が多い。

   声かけで忙しいから等の理由で誰も引き受け

  てくれず、また表に出てこない人には声かけ

  さえせず、決定しなければならない期日を超え

  ても、投票やくじ引き等の他の代案に変更さ

  れない。

 

みんな会長等は引き受けたくないのが正直な

ところだと思います。

ただし誰かはしなければならないのであれば

皆が選ばれても納得して引き受けてくれる方法

の模索が大事だと思います。

これから選定される現行会長等は大変だと思い

ますが頑張ってください!

   

参考として

 <PTA会長を経験して思った事>

www.sannjipapa34tomuzou.com

  <次期PTA会長選定の難しさについて>

www.sannjipapa34tomuzou.com

  <卒園式祝辞について>

www.sannjipapa34tomuzou.com

  <入園式祝辞について>

www.sannjipapa34tomuzou.com