sannjipapa34tomuzouのブログ

AFPによる3児父_双子父_多胎児家庭の生活情報発信

3児(双子父:Tomuzouトムゾウ)による男性が毎日行う煩わしい日課の解消について<時短>

どうもファイナンシャルプランナーのTomuzouです。

 

男性が毎日行う日課の中で必ずしなくては

ならないが、めんどくさい作業として今回は

  ●髭剃り

について私がお勧めする時短法を公開します。

 

一般的な会社勤めの社会人は身嗜みに気を

つける必要があり、頻度は人それぞれだとは

思いますが髭剃りは必須です。

道具としては、電動シェーバーや、T字型髭剃

場所としては、お風呂や洗面所と違いはあれど

する事は変わりません。

剃刀負けや、肌荒れ、血の滲み等を経験されて

いると思います。

道具費用としてシェーバーなら良いもので

数万円。消耗品代として替え刃等も定期的に

数千円が必要となります。

また、髭剃りの時間を時給換算

すると3分×30日×12ヶ月=18時間

18時間×¥800=¥14,400/年間

(1日一回のみの髭剃りで換算。)

結構地味に家計にボディブローのように

効いてくるのが数値からわかると思います。

 

●結論として、私は永久脱毛を推奨します。

 

なぜ脱毛なのかですが、単なる作業時間だった

髭剃りの時間を他に活用できるからです。

時間だけは平等に与えられたものである以上

一分一秒でも短くなる事がビジネスチャンス

にも繋がるからです。

 

そもそもなぜ脱毛なのかと言うと、私自身は

髭が濃い家系でした。

髭が似合う顔立ちでもなく、色白で、朝剃って

夜帰る頃にはジョリジョリになっている感じ

でした。その為、電動シェーバーは必需品と

なっていました。また、髭剃り頻度を減らす

ために毛抜きで喉周囲の髭を抜いていたところ

痣のようになりこのままではダメだと思い

調べた結果、たどり着いたのが永久脱毛

でした。

※通常のエステでは永久脱毛とはなりません

ので注意ください。

私は医療機関、外科・内科を併設した美容外科

で実施したため、永久脱毛となります。

 

永久脱毛した結果、髭の青みも無くなり髭剃り

頻度も格段に減少しました。

完全に全ての髭へアプローチ出来たわけでは

なかったため、少しは残りましたが

コンプレックスの解消と家計改善に大いに

役立ちました。

 

費用は実施する医療機関や、方法によって

異なりますので、興味のある方は近隣で検索

してみてはいかがでしょうか。

 

髭剃り頻度の減少、肌の艶改善、髭がなくなる

だけで印象は著しく改善されると思います。

 

家系改善・コンプレックス改善・印象改善と

良い事づくめだと私は思います。

金額は高いかもですが、、この解放感は実施

した方にしか理解出来ないと思いますので

悩んでいる方は、まずやってみてはいかがでしょうか^_^