sannjipapa34tomuzouのブログ

兼業FPトムゾウによるお金にまつわるetc(^^)

3児(双子父:Tomuzouトムゾウ)によるふるさと納税情報を公開します。実践報告①

どうもファイナンシャルプランナーのTomuzouです。

 

私の身近の投資家の師匠が「ふるさと納税で肉を食べた。新米が届いた。フルーツを

食べた」と常々言っており興味があったにも関わらず踏み切れていなかったふるさと

納税について私の購入リストを公開します。

同じようにいいとは聞いているがやり方がわからないからとずるずると先送りに

している方の一助となれれば幸いです。

実際に負担¥2,000でこんなにも多くの商品が購入出来るという事を感じて貰うことが

出来たならば公開した甲斐があります。

ふるさと納税の購入に踏み切れていない方のため、また私自身の備忘録として下記

記載しますのでご覧ください。

 

◉まずは『ふるさと納税』について簡略説明します。

ふるさとや応援したい全国の自治体に寄附金を送れる制度のことです。

合計寄附額から2,000円を引いた金額について、所得税・住民税の控除が受けられ

寄附した自治体から特産品などのお礼の品が届く制度です。

確定申告をこれまでしたことがないという方でも、「ワンストップ特例制度」という

制度を利用すれば、簡単な書類を書いて送るだけで、税控除の手続きが完了するので

非常に簡単に行うことができます。

ただし、「ふるさと納税」は人によって、控除上限額が異なり、それを超えると

損をしてしまうため注意が必要です。

まずは、各専門サイトにあるシュミレーターにて年収と家族構成等を入力する事で

寄附上限額の把握が可能ですのでお試しください。

お勧めは楽天ふるさと納税サイトです。楽天ポイントも同時に溜まりますので

一石二鳥となります。

住宅ローン減税がある場合の併用も可能ですが寄付上限額の計算に注意が必要と

なります。また、『ふるさと納税』は1年中いつでも利用することができます。

来年2020年の住民税(6月分~)を控除してもらいたいなら、2019年1月1日から

12月31日に「ふるさと納税」を行うことが必須となります。

※詳細は各専門サイト情報を参照願います。

 

◉初めての購入記録 1回目

はじめてのふるさと納税でした。2018/11月期限ギリギリに決断しましたが

購入ボタンを押し、ワンストップ申請書類が届くまではずっと大丈夫か不安だった

のを今でも覚えています。

寄付上限額については、昨年の年末調整額で試算しました。

シュミレーターにて¥47,000を上限と確認しました。(住宅取得控除併用問題なし)

2019/1/10迄にワンストップ資料返送が必須でした。(2019/6月~減税適用予定)

楽天市場ふるさと納税にて購入しました。

 

上限額ギリギリは怖かったため、購入合計を¥45,000としました。

 そこで¥2,000は実費と考えると¥43,000減税適用予定となります。

 

<お待ちかねの購入した商品一覧を記載します。>

◯高知県奈半利町

   商品:ホタテ2.0kg ¥10,000

   納品予定:入金後1~3ヶ月

   納品:12/21商品着

   商品:かつおタタキ3.0kg ¥10,000

   納品予定:入金後1~2ヶ月

   納品:商品12/28着予定

   ワンストップ申請書着:30日前後

   ワンストップ受領連絡:12/29

◯大阪府泉佐野市

   納品:C1,000 30本 ¥5,000

   納品予定:3週間程度で発送

   納品:2019/1/10着

   ワンストップ申請書着:2~3週間

   ワンストップ受領連絡:12/30

◯宮崎県都農町

   商品:豚肉4.9kg ¥10,000

   納品予定:H31年2月から順次発送

   納品:2月中旬着

   ワンストップ申請書着:1~2週間

   ワンストップ受領連絡:12/29

◯鹿児島県いちき串木野市

   商品:干し芋12袋 ¥10,000

   納品予定:入金後90日以内

   ワンストップ申請書着:不明

   ワンストップ受領連絡1/2

 

正直これらの商品がすべてで¥2,000と考えると破格の制度だと思いました。

すべて当たりの商品でおいしく頂く事が出来ました。

 

◉購入記録 2回目

2度目のふるさと納税です。2回目は年度初めに購入を決断しました。

シュミレーターにて¥64,000を上限と確認しました。(住宅取得控除併用問題なし。)

2020/6月~減税適用予定です。

 

上限額ギリギリは怖かったため、購入合計を¥60,000としました。

 そこで¥2,000は実費と考えると¥58,000減税適用予定となります。

 

<お待ちかねの購入した商品一覧を記載します。>

◯全て泉佐野市

Amazonギフトカード¥12,000入手予定

納品予定: 5月より準備配布

 ●C1000ビタミンレモン

   6本×5パック/5月配送分 ¥7,500

 ●三陸カツオたたき

   3節と秘伝のタレ/6月配送分¥7,500

 ●ほたて貝柱生食約1kg&牡蠣加熱用

    約1kgセット/5月配送分 ¥15,000

 ●黒毛和牛小間切れ切落し

    2.2kg/7月配送分¥15,000

 ●国産豚バラ・モモスライスセット

    特盛4kg/6月配送分¥15,000

   ワンストップ受領連絡2019/5/10

 

2019年6月~

自治体間の過度な返礼品競争を是正するふるさと納税の新制度が1日、始まりました。

返礼品は寄付の3割以下の地場産品に限られ、国が指定した自治体のみが税制上の

優遇を受けられるように変更となりましたが、やらないよりはやった方がいいと

思う今日この頃です。